製本用語集 わ行

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

   
【わかばん】 若番 連続番号を打ったとき、数字の少ない方の番手をいう。 →老け番
【わきみだし】 わき見出し
  subtitle
本文の横の余白に組み込んだ見出し、大見出しに添えられた小さな標題。副題、小見出しともいう。
【わたり】 渡り ノドを中心にして左右に向かい合った2ページについて、左側版面の左端から右側版面の右端までの寸法。
【わちょう】 和丁 和本につける丁付けの方法。和数字を用いる。
【わほん】 和本 和式仕立ての製本。西洋式の製本に対して「和製本」「和装本」ともいう。
【わりつけ】 割り付け →レイアウト
【ワンプ】
  mill wrapper
包装用紙の俗称。製本工場で製品を包むのに用いる紙をワンプといい、クラフト紙やターボリン紙・ポリエチレンラミネート紙などが包装に用いられる。ワンプは紙質が強く、防湿性のあることが必要条件である。

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

 

製本用語集 目次はこちら

▲このページのトップに戻る