製本用語集 ら行

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

   
【ラインミシン】
  perforation 
切り取りミシンの一つ。ラインミシン機により破線状の切り込みをあける。伝票・帳票類や手帳の所定の箇所に連続したミシン目を入れ、切り取りできるようにしたもの。
→切り取りミシン 
【らくちょう】 落丁
  miss gathering 
製本で一部のページが脱落していること。 
【らせんとじ】 螺旋綴じ
  spiral binding 
背に綴じ穴を多数あけ、針金を螺旋状に通して表紙とともに綴じる方法。スケッチ-ブック・ノートなどの背の綴じ方。 
【らんがいばしら】 欄外柱
  running title 
書籍の紙面の上部または横の欄外に印刷された柱。 
【らんちょう】 乱丁
  incorrect collating 
正規の丁合い順に丁合いが取れていない不良(ミス)まこと。
  り   
【リーフレット】
  leaflet 
1枚刷りの印刷物のこと。チラシ・折り込み広告・宣伝用の印刷などをいう。 
【リボン】
  ribbon 
→栞(しおり)
【リボンクロス】
  ribbon cloth 
巻き取りの各種のクロスを細幅にスリットしたもの。クロス巻機で背巻きをするときの材料。 
【リボンとじ】 リボン綴じ  平織りの布で書冊を綴じること。 →綴じ 
【りょうめんしふんけしょう】
  両面紙粉化粧 
寸法統一、紙粉除去を目的とした化粧断ちの方法。 →化粧断ち 
【リングとじ】  リング綴じ スパイラル製本。ノートや冊子など、ノドを針金で螺旋状に綴じたもの。
→スパイラル製本 
     
【ルーズリーフ】
 loose-leaf binding
替紙が自由自在の帳簿のこと。表紙にバインダー装置があり、これで紙をはずしたり、追加したりする。日本では大正七年頃から使用しだした。 
【ルリュール】
  reliure 
西欧の伝統的な造本技術で作られた製本工芸。表紙は皮張り・箔押しなど装飾を施し、一つずつ手作りで製本する。 
   
【レイアウト】
  layout 
@デザイン、編集、広告などで、文字・イラスト・写真・記号などを効果的に配置すること。美的、可読性、注目性、調和、統一などを考慮して行われる。「割り付け」である。
A本来は地面の割り振りをする地割りの意味。ここから工場内の機械設備の配置という意味も出てくる。工場レイアウトは、紙の移動・機械につく作業者の動き方を第一に考えられる。 
【レザー・クロス】
  leather cloth 
革に似せた製本用のクロス。樹脂系の表面加工が施してあり、水濡れに強い。 
【レザー・ペーパー】
  leather paper 
皮を模造した紙。 
【れん】 連
  ream 
日本では500枚を1連といっていたが、メートル法採用(昭和33年10月)以降は1,000枚を1連とした。外国では枚数の単位を異にしている。但し、抜紙は100枚を1連としている。 
【れんりょう】 連量
  ream weight
1連あたり(板紙:100枚、洋紙:1,000枚)で、紙の重さをKg単位で表したもの。 
   
【ロールはくおし】 ロール箔押し
  roll leaf stamping
 
枚葉箔の代わりに、巻箔を用いて箔押しをする方法。 

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

 

製本用語集 目次はこちら

 

トップページへ戻る

 

下記の内容につきましてはご遠慮頂いております。ご了承下さい。
●画像や資料を無断で転載し営利目的に使用すること ●プリントアウトしたページを編集、改ざんすること

▲このページのトップに戻る