当社は、上製本・並製本の両方を自社内で加工できる荒川区唯一の製本会社です。

   ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

 

一般的な機械による造本はもとより、機械では対応できない様々なサイズ・仕様の特殊製本や装丁・デザインに凝った作りにも、長年培ってきた技術でお応えいたします。また、小ロットの本作り(句集・詩集・自分史などの自費出版)にも対応させていただきます。

当ホームページでは見積もり依頼をより簡単にできるように、『お見積もりフォーム』を工夫しております。項目に数字とチェックマークを入れるだけですので、お気軽にご利用ください。お見積もりは無料です

 

豊富な経験・実績と品質管理

弊社は、昭和21年の創業より70年間、一貫して書籍の製本を手がけてまいりました。先代から受け継いだ知識に新たな技術を加え伝えることにより、様々な製本経験と実績を作ってまいりました。また納期厳守や一冊ずつ全てを検品することにより、多くのお客様からご信頼をいただくと共に、永きに渡りお取引を継続していただいております。今後もこの信頼を壊さぬよう、より一層の技術向上とサービスに努めてまいります。

 

 

手作業にも対応する高い技術力とノウハウ

弊社のスタッフは、機械オペレーターも含め手作業にも対応できる技術を習得しております。機械では作れない特殊なサイズや仕様に関する製本のノウハウの蓄積もあり、ハケを使った手仕事も得意としております。

 

  

本作りのコンサルタント

弊社では、お客様により良く美しい「本」を提供させていただくために、造本上最適な仕様や材料を積極的に提案させていただいております。それは単に製造するだけではなく、「本作りのコンサルタント」という役割が製本会社には必要であると考えているからです。


お知らせ

新型コロナウィルス感染防止対策について(2020/4/13)

政府の緊急事態宣言、並びに自治体要請に伴い、新型コロナウィルス感染拡大抑止のため、4月13日より5月30日まで工場の業務時間を下記の通り短縮いたします。

 <工場の業務時間の短縮実施>8時15分〜15時

なお、事務所はこれまで通り17時まで通常営業しております。
オンラインストアも通常営業・発送しております。

関係の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

『&GP』に「SEVEN SEAS CROSSFIELD」の記事が掲載されました。(2020/2/21)

モノ情報の総合ニュースサイト『&GP』に万年筆のためのノート「SEVEN SEAS CROSSFIELD」の記事が掲載されました。

「職人の手作業と日本の技術が融合した “メイドインジャパン”の美しいノート。素敵な万年筆の傍らに、さりげなく置きたくなる、絵になる一冊」として紹介されています。

"トモエリバー”を使って製本所が作ったノートなんてまさに万年筆用!

SEVEN SEAS CROSSFIELDに新色が登場します。発売日は2020/3/5!

 1x1.jpgカフェオレ_ロゴ.jpgマッチャ_ロゴ.jpg四色展開.jpg

万年筆のためのノート「SEVEN SEAS CROSSFIELD」に新色が登場します。

新色は「カフェオレ」「マッチャ」の2色。発売日は2020年3月5日(木)。

2月21日(金)よりオンラインストアで予約販売受付をスタートしております。

雑誌『モノマガジン』に協力記事が掲載されました(2019/8/5)

monomagagine01.JPGmonomagagine02.JPG

8月2日発売の『モノマガジン 2019.8.16/9.2合併号』(ワールドフォトプレス)に協力記事が掲載されました。
特集記事「いきものがかり山下穂尊のイキなモノ語り 製本技術でノート作り!」の手加工製本のワークショップ的な企画で、山下さんに「BOOK NOTE」の手作り体験をしていただきました。

東京商工会議所のサイト「スマートものづくり」に取り上げられました(2019/3/15)

SNSを活用して情報発信をしている企業の事例として、東京商工会議所の「スマートものづくり」のサイトに掲載されました。

「スマートものづくり」はコチラ

城北信用金庫のWEBマガジン「NACORD」に弊社が掲載されました(2018/5/23)

城北信用金庫さん運営の”地域企業の魅力を発信する情報マガジン”「NACORD(ナコード)」で弊社と自社製品の「BOOK NOTE」を紹介していただいています。製品開発のキッカケやそれに込めた想いを丁寧に取材していただいています。ぜひお読みください。

「NACORD」はコチラ

 

新着情報
●2020/3/3 最近作った本(2020年)のページに『見開き4ページで魅せる背開き式上製本(スイス装)の会社案内』の記事を追加しました
●2020/2/22 最近作った本(2020年)のページに『よく開く上製本の手帳』の記事を追加しました
●2019/12/4 製本用語集のページに『天アンカット』の項目を追加しました
●2019/11/19 最近作った本(2017〜)のページに『B5判コデックス装の写真集』の記事を追加しました

●2019/6/5

最近作った本(2017〜)のページに『B4横コデックス装の写真集』の記事を追加しました

●2019/5/10

特殊製本案内2のページにホローバック並製本 の記事を追加しました

●2019/1/28 デザインの特殊な本のページに『三方色塗り上製本』の記事を追加しました

●2018/9/28

特殊製本案内のページに『ドイツ装』の記事を追加しました

●2018/3/7

製本技術動画のページに横長上製本の耳出し作業をアップしました 

●2017/8/10

特殊製本案内のページに背継表紙の上製本の記事を追加しました 

●2017/8/3

製本技術動画のページに『コデックス装表紙差込貼り』をアップしました

●2017/7/27

デザインの特殊な本のページに『三方色塗り/背開き式上製(スイス装)の図録』を追加いたしました

 

注目→製本トピックス(注目記事)はこちらをクリック

 ★2019/2/1 「デザインのひきだし36号」に弊社の事例記事を掲載していただきました

 

 

スリーブケース付上製本
スリーブケース付上製本
小口折り表紙並製本
小口折り表紙並製本
ゴムバンド付きノート上製本
ゴムバンド付製本
小口段差付き並製本
小口段差付並製本

 

▼ 写真で見る製品案内に移動する

製品案内                      
    上 製 本     並 製 本

上製本メイン.jpg
画像クリックで拡大

いろいろなタイプの並製本1.jpg
画像クリックで拡大

●綴・アジロ・ムセン

●角背・丸背

●ボール付表紙

●ウス表紙

●ビニール表紙

●三方色塗り  他

__sozai__/0012125.gif詳しい上製本案内はこちら

 

●アジロ・ムセン・綴

●切付け表紙

●小口折表紙

●片観音表紙

●しおり付き製本(外付け・内付け両方 可能)

●三方色塗り  他

B4横本・束厚本

__sozai__/0012125.gif詳しい並製本案内はこちら 

 

    大きい本・厚い本     特殊体裁の本

大きい本・束厚本(上製本・並製本).jpg 画像クリックで拡大

 特殊製本メイン.jpg
画像クリックで拡大

●B4判・A3判・A2判

●組ネジ止め製本

こちらから組ネジ止め製本過程が見られます。

●縦型・横型

●束65ミリ以上の本

●B4横並製本/厚み70o迄の並製本

 

●特殊な表紙
@フランス装
Aゴムバンド付表紙
B背継ぎ表紙
C角丸表紙
D背開上製本

Eホローバック並製本

綴り並製ノート仕様(本文にトモエリバー用紙使用) 他

__sozai__/0012125.gif詳しい特殊製本案内はこちら

 

    その他の製本     デザインの特殊な本

その他の製本メイン写真.jpg
画像クリックで拡大

 デザインの特殊な本1.jpg
画像クリックで拡大

●表紙貼り加工

●ポストカード上製本

●CD・DVD付  

●メニューブック

詳しいその他の製本案内はこちら

●小口装飾本

●本文と表紙サイズの違う本

●階段状の本

コデックス装   他

詳しいデザインの特殊な本はこちら

 

  最近作った本のご紹介

2013年分  2014年分  2015/2016年分  
2017/2018/2019年分  2020年分

 00123631.png

      
 

 

 

オリジナル製品のご案内

オリジナルノート第3弾『SEVEN SEAS CROSSFIELD』発売のお知らせ(2019/3/5)

CROSSFIELD_rogo.png

IMG_2553.JPGIMG_2560.JPGIMG_2572.JPG

2019年3月5日より、弊社オリジナルノートの第3弾として『SEVEN SEAS CROSSFIELD』を発売開始しました。トモエリバー手帳用紙を本文に採用した、万年筆のためのノートです。もちろん弊社の技術を活かし、180度以上開いて、ストレスなく使用できる製本になっています。

製品案内はコチラ

オリジナルノート第2弾『NÚtta(ヌッタ)』発売のお知らせ(2019/1/11)

NUtta_rogo.png

IMG_2695.JPGIMG_2640.JPGIMG_2666.JPG

2019年1月11日より、弊社オリジナルノートの第2弾として、カラフルな上製本ノート『NÚtta(ヌッタ)』の販売がスタートしました。当社ノートの要である開きの良さはこのノートでも継続。本文用紙にキンマリSWを採用。三方小口を手塗りし、ゴムバンドと色を合わせています。

製品案内はコチラ

 

初のオリジナルノート『BOOK NOTE(ブックノート)』発売のお知らせ(2017/12/10)

BOOKNOTE_rogo_w490.png

booknote_01.JPGbooknote_02.JPGbooknote_04.JPG

2017年12月10日より、弊社初の自社製品として、「使いやすさ」にこだわったオリジナルノート『BOOK NOTE(ブックノート)』の販売がスタートしました。

製本技術を活かし、180°フルフラットに開くだけでなく、360°折り返しても使える開きの良さが最大の特徴です。本文用紙にはOKフールスを採用し筆記性にもこだわりました。

渡邉製本オンラインストアのご案内
190709_ISOT_poster A3.jpg

オリジナルノートはこちらからお求めいただけます

▲このページのトップに戻る