様々なスタイルのコデックス装 製本事例


<< 前のページ<< デザインの特殊な本


 
コデックス装とは⇒ 糸綴の背中をそのまま見えるように本を仕立てる仮製本様式で糸綴並製本ともいう。特徴として、本の開きがとても良くノド元まで開くため、手で押さえなくても開いたままの状態を保つことができる。図録などの見開きページの多い本に適した製本方法でもある。最近では“バックレス製本”などとも一部で呼ばれている。

 

 B5判 コデックス装(並製スタイル表紙)
 コデックス装(並製スタイル).jpg
画像クリックで拡大
写真@:糸綴の背中をそのまま見えるように本を仕立てる仮製本様式です。背中が丸見えのため、汚れ・固めのボンドの食い込み・ブロッキングなどに注意をしながら製本をします。
この本は、手固め・自然乾燥で作製しました。また、仕上げのカバー・帯なども規格外のため、全て手作業で行っております。
写真A:同じ並製表紙スタイルのコデックス装ですが、綴糸に黄色の糸(#181)を使用しています。色糸の色が薄いため、見ずらい場合は画像を拡大してご覧になってください。
 __sozai__/0012125.gif綴糸色見本はこちら  
 B5判 糸綴コデックス装(上製スタイル表紙) 『博物館展覧会図録』

 コデックス装(上製スタイル表紙)
画像クリックで拡大

この図録は担当デザイナーさんが「変わった製本にしたい」というご希望があったため、まず製本会社探しから始められて、弊社HPよりご依頼をいただきました。印刷からすべて受注させていただき、用紙の選定などから携わらせていただいた本です。
スタイルは綴りの糸目を見せたいとの要望により『コデックス装』にしました。表紙は上製スタイルで本体と同じ大きさに、ただし芯ボールの断面は見せたくないとのことで四方貼り加工をしました。表1(表表紙)にはツブシの箔押しをし、そこに和紙系の紙に活版印刷篆刻を刷り外題貼りしてあります。表4(裏表紙)の角にはロゴマークを空押ししツヤをつけるなど、細部にまで凝った装丁になっています。
表紙くるみの作業は、少しでもずれたり曲がったりすると本体からはみ出てしまうため慎重に手作業いたしました。
A5変形判 糸綴じ・表紙前後別ベタくるみ 写真集『Penetrant』
 写真集『Penetrant』

画像クリックで拡大

ペネトラント背貼り.jpg←仮固めした背に、布クロスを直貼りします。

ペネトラント表紙貼り.jpg←表紙を前後別々にベタくるみします。
内容は5人の写真家さんの合同作品集です。
A5変形の糸綴じ製本で、仮製本と上製本の中間の様な造本です。のど元まで開き、見開きの写真も見やすい作りになっています。
製本方式は、「綴りの糸の跡が見えるように」というデザイナーさんのご希望で、仮固めした背に布クロスを直に巻き込み、チップボールに表紙紙を合紙したものを前後別々にベタくるみした後、仕上げ断裁をしました。そのため、本の四方にチップボールがみえています。
箱に関しては、表1(表側)にツブシの空押しを施し、作家さん別の写真シールを空押し部分に貼り付けしています。
A5変形判 綴・背開きコデックス装 / 特殊表紙クルミ 『演劇コミュニケーション学』
演劇コミュニケーション学.jpg
画像クリックで拡大
演劇コミュニケーション学製本作業工程.jpg
画像クリックで拡大

A5変形判(天地210×左右130o) 特殊表紙の付いたコデックス装の本です。
写真ではわかりずらいですが、綴糸に生成白(RW)を使用しています。またこの本は表紙クルミに特徴があり、ノド開きのスジを背から10oで付け、その間だけボンド付けをしてあります。(写真:「製本作業工程」の左側参照)背の部分には糊付けをしていません。
コデックス装の特徴が、とても良くわかるデザインの本です。

→日本文教出版|商品ストアはこちらから

天地160o×左右130o 綴・コデックス装(綴色糸ライトグレー使用)・裏打ち寒冷紗巻き
 ヘルツまとめ.jpg
画像クリックで拡大
HERZ寒冷紗.jpg←耐久性を出すために背の部分に裏打ち寒冷紗を貼ります。 HELZ表紙貼り.jpg←4枚合紙のボール表紙を表裏別々にベタ貼りします。
革バックブランド「HERZ」さんの40周年記念の本です。デザイナーさんが弊社のホームページをご覧いただき、お問合せを下さいました。その後メールのやり取りや直接お会いして、製本様式や装丁など様々な打ち合わせを重ね仕上がった本です。
製本では「40周年記念なので、表紙を4層に見せたい。背はコデックス装に、ただしHERZ製品の堅牢さと同じく耐久性も欲しい。」というご希望をお持ちでした。また、使用する用紙の選定にもこだわりがありました。
その結果、見返しは触るとヌメリ感のある「NTスフール」を使用し、表紙は「エースボール薄茶」と「チップボール」を交互に4層合紙し、表裏別々に本体にベタ貼り後、断ち落としする形式にしました。また、隠れたこだわりで、綴糸は薄いグレーの色糸(#121)を使用しています。背は裏打ち寒冷紗を巻いて強度を出しつつ、綴の糸目跡が浮かぶようにしてあります。

綴糸色見本はこちら 

四六判 綴・コデックス装 表紙ノド貼り “背標で文字デザイン” イラスト集 『ペンギンのいるところ』
ペンギンのいるところ.jpg
画像クリックで拡大
四六判(天地188×左右128o)の綴・コデックス装のイラスト集です。表紙は中身を固めた後にボール紙系の物を見返しのノド4oにボンド付けをして、裏表それぞれを貼り合わせています。(表紙のり付作業動画参照)
最大の特徴としては、背標をデザインし、題名と著者名が浮かび上がるようにしているところです。落丁や乱丁防止のために付けられる背標は一般的に階段状に付けられることが多いですが、これはきちんと文字に見えなければいけないため、わずかな折りのズレにも気をつけ慎重に作業しました。

 

→著者さかざきちはるさんのホームページはこちらから

<表紙のり付け作業>
 
ご覧いただけない方はこちらから

<< 前のページ<< デザインの特殊な本

 

 お見積もりはこちら

 

上製本案内はこちら 
並製本案内はこちら
背継ぎ表紙・ゴムバンド付・組ネジ製本・背開上製本など特殊製本案内はこちら
表紙貼り加工・DVD付製本・ポストカードなどその他の製本案内はこちら
最近作った本の紹介はこちら
▲このページのトップに戻る